NEWS


お知らせ

2018年04月24日

KAITEKI健康経営を推進する三菱ケミカルホールディングス、ニューロスペースの睡眠改善プログラムを採用

テクノロジーで人々の睡眠課題を解決するSleepTech(スリープテック)事業を展開する株式会社ニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表取締役:小林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、ニューロスペースが開発および販売する『睡眠改善プログラム』が、KAITEKI健康経営を推進する株式会社三菱ケミカルホールディングス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:越智 仁、以下、三菱ケミカルホールディングス)に採用されたことを発表します。

ニューロスペースの睡眠改善プログラムは、企業で働く従業員の睡眠問題改善とパフォーマンス向上に特化した健康経営サポート事業です。このプログラムでは、従業員への事前アンケート等から収集した個人ごとの睡眠データを分析し、企業特有の睡眠問題と生活習慣をレポートします。また、レポートの内容に基づき最適なオーダーメイド睡眠ソリューションを提供します。これまで約50社の企業で採用され、多くの働く従業員の睡眠改善を実現してまいりました。

この度ニューロスペースの睡眠改善プログラムを採用した三菱ケミカルホールディングスは、2016年4月からKAITEKI 健康経営を推進しており、健康経営優良法人 2018ホワイト500にも認定されています。KAITEKI 健康経営とは、従業員・職場の「健康支援」と「働き方改革」を両輪として、ICT・IoT を活用しながら、健康という視点で「働く人」の活躍を支援するする取り組みです。
ニューロスペースの睡眠改善プログラムは、KAITEKI健康経営を支えるプラットフォームとして三菱ケミカルホールディングスが独自に開発したシステム「i² Healthcare」を通じて、グループ企業4社(三菱ケミカルホールディングス、田辺三菱製薬株式会社、三菱ケミカル株式会社、大陽日酸株式会社)に提供され、合計およそ400名の従業員が受講されています。(2018年4月時点)

プログラム受講者は日勤者から交替勤務者まで様々な勤務形態に分かれていることから、事業所ごとにカスタマイズしたオーダーメイド睡眠改善ソリューションを提供しました。
今後もニューロスペースでは、健康経営を掲げる多くの企業に対し、最先端睡眠テクノロジーおよび睡眠ビッグデータに基づいたソリューションを活用し、健康経営推進をサポートしてまいります。

■三菱ケミカルホールディングス 担当者のコメント
生活習慣の中でも「睡眠」は従業員の関心が非常に高く、KAITEKI健康経営を推進するうえで弊社としても注目していました。ニューロスペース様のセミナーは、職場ごとの課題に応じたきめ細かな内容で、非常に効果的でした。参加者からも、「参加してよかった」「セミナーで学んだことを実践したい」という声が上がっており、今後も継続的に活用させていただきたいと思っています。

【株式会社三菱ケミカルホールディングスについて】
本社: 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル
代表者:代表執行役社長 越智 仁
創業: 2005年10月
URL:http://www.mitsubishichem-hd.co.jp/

【株式会社ニューロスペースについて】
企業向け睡眠改善プログラムを国内大手50社以上に提供し、企業の健康経営と生産性最大化を支援。また、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)に採択を受けた最先端睡眠テクノロジーを活用し、独自の睡眠計測デバイスと解析アルゴリズムをもとに、企業および研究機関と共同研究も行う睡眠テクノロジーベンチャーです。

■会社概要
本社:東京都墨田区横川1-16-3 Center Of Garage Room06
代表者:代表取締役社長 小林孝徳
創業:2013年12月
URL:https://neurospace.jp/
事業内容:睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠ビジネスに関わる研究開発の技術的支援、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援、睡眠ソリューション開発支援およびアルゴリズムAPIのライセンス提供